FC2ブログ

夏に笑うために。

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます🎍

個人的には大阪に帰省して、トレーニングしたり、高校ラグビーを観に行ったりと
リフレッシュした流れで新たな年を迎えているんですが
1月も残り1週間弱なので、新年の話をする時期ではないですね(笑)

トレーニングルームに関しては、1月4日から始まっているので
すでに沢山の選手達が、夏を見据えて汗を流してくれているんですが
この時期は、冬の競技の選手達にとって大きな大会が続く時期。

特に今年は、柔道の選手達や駅伝の選手達も加わり、過去最高の大所帯になっているので
みんなのやる事を考えたり、試合を速報でチェックしたりしていると、
12月よりも、あっ!という間に1日が終わっていく感じで、1年がスタートしています💦

ちなみに、この手は怪我で別調整中の女子陸上選手のもんなんですが
冬は土台を作り直せる時期でもあるので、
走れないではなく、走らないで体を作っていると、意識を変えてトレーニング。

2020012114094797b.jpg

女の子なので、本人はこの手を汚いと思ってるかもしれないけど、
個人的には、めちゃめちゃカッコいいと思える手。

この手を見ただけで、彼女の本気が伝わってくるんですが
他の怪我をした選手達も、今できる事を本気で頑張ってくれています。

もちろん、他の選手達も大きな声で、窓が曇るほどの熱気でトレーニング。

20200121141002f47.jpg

20200121141000916.jpg

中には、親の送迎に頼らず雪道を歩いて来る中学生もいてるんですが、
来てくれる選手の数だけ、この空間には熱い目標があります。

色んな環境がある中から、この場所を選んで来てくれた選手達。

元気すぎるので「ウルサイ💢」と日々連呼してますが、
根はみんな素直で明るくて、ホンマにええやつら。

今年も、そんな選手達と夏に笑える様に頑張りたいと思います
あさかわ整骨院ホームページはこちらから
スポンサーサイト



第35回NAHAマラソン回想録

一年ぶりに那覇にやって来た。
那覇空港ロビーの甘い花の香り!なつかしい。
いよいよ明日は「NAHAマラソン」 来たぞー!
この大会のために3か月間マラソンに向けての身体つくりをして来た。
旭川龍谷高校陸上部との早朝からの練習がメイン練習だ
やるべき事はほぼ出来たと思う。体調は仕上がっている感じがする。
そして、1週間禁酒したので肝臓も準備OK(^-^)/
空港4階で夕食を済ます。

初めて食べた「らふてぃー丼」
IMG_3113.jpg
これうまかった

空港を出て、「ゆいレール」に向かう。
渡り廊下は南国ならでは、壁、窓はなくオープンだ!北海道では考えられない。
気温21℃ 風が心地良い。明日はどこまで気温が上がるのか。
ここ1か月間は氷点下の気温の中でしか走ってこなかったので、暖かさが身に染みる。
レース当日の朝を迎える。
昨夜はよく眠れた!
朝食は辛子明太子の🍙2個、塩むすび1個、カステーラ1個(旭川っ子なら誰もが知っているあれ)
バナナ1本、栄養ドリンク2本
以上
レース中の補助エネルギー源として
アミノバイタルアミノショット1個 Vespa(ヴェスパ)2個 Meitan(メイタン:可愛い名前だね)1個

那覇の朝は遅い。7時でまだ薄暗い会場に到着。
IMG_3114.jpg

手荷物を預け散歩する。今年は猫が見当たらないどこ行ったー。
アップはいつもの70m~100mのダッシュ3本&ストレッチで終了
今年のスターターは読売巨人軍捕手、那覇市出身の大城卓三選手
朝から日が照り始めている、スタートの合図を待ってる間も、後ろ首辺りが暑い
Aブロック右端が日陰になっているのでそこに入る。(みんなそんなに暑そうに見えない。ひょっとして暑いのは私だけ
いつもはキャップは被らないが、今日は日差しが強くなる感じなのでキャップを使用。
号砲と共に一斉にスタート

IMG_3199.jpg

これから長くて短い旅が始まるぞー
1k4:10~15ペースで抑えて行こうと思っていたが、やっぱり突っ込み気味4:05くらいで進んで行く。
(出川じゃないけど:やばいよやばいよ~)
11回連続出場となると、もう見慣れた景色
いつもと変わらず、途切れない沿道の応援
暑さ対策の為エイドステーションでは必ず身体に水をかけた
日陰を見つけてはその下に入る。電線の影の下にも入った(効果ないけどね)
30k地点の時計を見ると2:06:48
サブ3圏内だけどギリギリかな。
ここからは38kまでが唯一平坦なコースになる。でもここまでのアップダウンでかなり脚は消耗しているので、正直ここからがかなり厳しいレースになる(もっと時間を稼いでおきたかった)
「あと5キロ」の看板で、時計を見る、2:37:??
ん~これはなんとも(-_-;)
マラソンをやってる方で、私くらいのレベル(ぎりぎりサブ3)の方ならわかると思うけど、この地点から残り5キロを23分弱で走らないとサブ3出来ない、最低でも1k4:23で走らなければ
ここで時計が2:40:00なら、諦めて楽にゴールを目指すけど、今回は微妙、、、ここからまた上げるの~~
戸惑っていたその時、右斜め後方から「よし!やるしかないな!」と聞こえてきた 
その方は私よりかなり息が上がっていて「ぜーぜー」苦しそうだけど、サブ3に向けて気合を入れていた!
独り言なのかも知れないけど、私もそれに答えて「そうですね、やるしかないですね!」と返す。
ここから2人の苦しい苦しい旅がはじまった
エイドでは内側を走っていたその方に水を取ってもらったり、その半分をお返ししたり共同作業で進んで行く。
38k地点から40k地点までの2kは登りになっている。
例の方が「ジャスコまで頑張ろう!」と言って来た。そう、2k登り切ったところに旧ジャスコ(今は別の会社)がある。
その後は1kの下りと、1kの平地でゴールの奥武山陸上競技場となる。
とにかくこの2kの登りを何とかしのげばサブ3が見えてくる!なんとか登り切って1kの下りとなる。(とりあえずやったぞー!)
セルラースタジアムが見えてきた。いつもならここで「終わったー」と喜びが湧き上がって来るが、今回はゴール前途中で倒れるんじゃないかと思うくらい苦しかった
なんとか赤土の奥武山陸上競技場に帰ってきた。最後1kは3:55だった
戦友(例の方)と一緒に1秒違いで、お互い無事サブ3でゴール\(^o^)/
戦友がいなかったらどうだったのだろう、、、
記録2時間58分44秒 総合49位/22770人中
とりあえず、55歳でサブ3

IMG_3205.jpg
Naha2019 21


完走率64% サブ3は1%にも満たない、わずか0.2%の55名だった。那覇の険しいコースと暑さが好記録を阻んでいる
ゴール後に手荷物預り所に向けてトボトボと歩いていたら突然、両ふくらはぎが痙攣して仰向けに転倒してしまった
恐らく熱中症に罹っていたのだろう。もうそこから歩行困難
近くにいたお姉さん、鍼灸マッサージ会の先生、那覇市消防隊員の方々の手厚い手当により無事回復!感謝です
翌日は「首里城」に行って来た。先日10月31日の早朝のニュースはショックだった。
首里城へは2011年のNAHAマラソンの時に一度訪れていた。
その時は本当に鮮やかな朱色の正殿を見て圧倒された!

P1020609.jpg
2011正殿

元琉球王朝と呼ばれていた沖縄。
450年間に渡って独特な文化を築いてきた。沖縄島民にとってそれは誇りであり、首里城は心のシンボルとなっている。
日本の戦争の歴史上最悪と呼ばれた、民間人を巻き添えにした戦闘「沖縄戦」。ここでもそのシンボルである首里城はアメリカ軍によって4度目の焼失をしている。
1992年に首里城復元、2000年に世界遺産に登録された。島民にとって沖縄復活の象徴になったのではなかろうか。
この度の首里城の火災は、島民だけじゃなく日本全国に衝撃を与えた事となった。

Naha2019 31
Naha2019 28
1枚目の奥に焼けた瓦が微かに写っている 今回はここまでしか近づけなかった
何かこみ上げてくるものがある

そんな中でも、NAHAマラソンは盛大に開催され、また島民は変わらず一生懸命沿道から声援を送ってくれた。
この方々の人間力があれば、また近い将来首里城は必ず復活するに違いない。
今回も声援、私設エイド、熱中症など数々とお世話になりました。ありがとうございました。
また来年もその応援に恥じることのないよう精一杯走りに来ます。

Naha2019 33
毎年帰りの那覇空港で頂く泡盛 久米仙

Naha2019 6

おわり

#マラソン
#サブスリー
#那覇




あさかわ整骨院ホームページはこちらから

今年を振り返る時期になってきました・・・。

「もう12月や・・・」

雪が溶けて、待ちに待ったシーズンが始まったと思ったら
あっ!という間にシーズンも終わり、ここ数日は真っ白な冬の景色に。

毎日選手と時間を共有していると、すぐに12月になっていく感じなんですが
今年も1年を振り返る時期になってきました。

まだ、体育館で行う競技や駅伝が残っているので、全てを振り返るには少し早いんですが
例年と変わる事なく、今年もホンマ沢山の選手達と出会えた1年。

個人的には、反省を言い出すとそれだけをテーマに書けるくらい、反省だらけなんんですが、
出会いの分だけ、楽しい時間を選手達からもらえた1年になったかなぁ。

ただ、楽しい思いでもそうなんですが、この時期はチョット気になる事も。

来てくれるチームに寄っては、スタートの時点でベンチに入れる人数を超えてしまう事もあり
全員にええ思いをさせてあげれないのが、最初から決まっているんですが
本気で来てくれたからこそ、何処まで選手達1人・1人と向き合えたんやろか?

年を越す前に、3年生達の気持ちがチョット気になる時期でもあります。


中には、地元を離れて旭川に来てくれている選手達もいるので、

「練習やトレーニングはキツかったけど、旭川に来て良かったなぁ〜」と、

みんなに思ってもらえる環境になっていたら、嬉しいんやけど・・・。


ちなみに、後輩達は夏を見据えて黙々とトレーニングで汗を流してくれています🔥

20191206102151901.jpg
※このオフから新たに加わってくれた、短距離の選手達。

20191206092525dc8.jpg
※外は雪やのに、裸になってトランプサーキットをする野球部の選手達。

20191206092537fc3.jpg
※大きな膝の怪我から復帰を目指すアルペンスキーの中学生。

20191206092536976.jpg
※先輩達の悔しさを胸に、トレーニング日以外にも自主トレに来る選手が増えて来ました。

大半の、選手達はオフトレーニング期間なんですが
シーズンを直前に控えるスキー選手達・怪我や不調で練習を離れている選手達。

それぞれが大きな目標を持って集まって来てくれるので、
この冬も夕方からは、大きな声が響き渡ってええ雰囲気です♪

相変わらず、お喋りだけで終わるだけの選手もいたりしますが
身体を動かすのは心なんで、毎日頑張りたいと思える空間に出来たらええかなぁ。

今日の夕方も真剣勝負です!
あさかわ整骨院ホームページはこちらから

今年も始まりました。

日が暮れるのが早くなって来ていたし、降る・降ると言われてたので、
覚悟はしていたんですが、ついに初雪のあった旭川。

さすがに、根雪になるのは先にまだなるものの、
今年も長い冬が始まりました・・・。

ここから先は寒くなるいっぽうなんで、気持ちが重くなるんですが、
トレーニングルームは、ここから夏に向けたトレーニング期に。

すでに今週から、オフのトレーニングが始まっているんですが、
特に今年は過去最高の人数という事もあり、夕方からは賑やかな声が響いています🔥

そんな訳で、この冬も新たな出会いにわくわくなんですが、
そんな中には、新たにチーム単位で来てくれる陸上部の姿なんかも。


最初は、説明の時間が多くなるので写真を撮れていないんですが
初トレーニングとなる陸上の選手達も、高い意識で黙々と汗をかいてくれました。

全国で入賞する選手から、高校で陸上を始めた選手まで、レベルは様々なんですが、
速くなりたい気持ちは共通なんで、夏の成長がちょっと楽しみな感じですね♪

ちなみに、先日のバスケの全道大会で悔しい思いをした女子選手達も、
3年生達の悔しさをバネに、今日から再スタート。

「すいません、負けてしまいました。」

と言う報告をさせるほど、トレーナーにとって悲しいもんは無いんで、
土台を作ってあげれなかった反省をしつつ、この冬をどう関わっていくか・・・。

普段の取り組み方を知っているだけに、彼女達だけでなく
全ての選手達に対して、ホンマやる事が一杯といった感じです。

相変わらず、週末はお喋りメインや、トレーニング後に昼寝1時間なんて風景もありますが
それも含めて、あさかわ整骨院のトレーニングルーム。

親元を離れて下宿生活をしている選手達も沢山いるので、
ここからは、そんな選手達の頑張りもブログの中で届けれたらええかなぁ〜。

とりあえず、今日の夕方も真剣勝負です!

20191106145636203.jpg

※この道の様に、みんなの努力が目標に向かって真っ直ぐ続いていきますように・・・。
あさかわ整骨院ホームページはこちらから

冬の気配です。

ここ数日、雨が降るたびに寒さが増してきた旭川。

来週には11月となるので、当たり前といえば当たり前なんですが、
冬の気配と共に、5月から始まっていたシーズンの終わりが見えてきました。

3年生の中には、競技生活の集大成として全道大会を迎える選手達もいるので、
どんな気持ちで最後の全道大会を終えるのか・・・。

毎年・毎年、書いてる事ですが、1人・1人に思い入れがあるだけに、
この時期は色々と感傷に浸る時期になっています。

ちなみに、そんな全道大会も週末に苫小牧市で行われるバスケットボールの大会で終了。
多くの選手達は、新たな目標に向けて動き出しています。

すでに、夏の大会で3年生達が引退している野球部の選手達は
夏の期間も練習後にやって来て、暑さに負けず汗を流してくれていたんですが
秋の全道大会では、優勝した白樺高校に8対13と力負け。

投手陣と関わらしてもらっているので、トレーニング内容の再確認など
個人的にも反省の多い秋の大会となっているんですが、
冬以降の依頼も頂いているので、夏に笑うためにどう関わっていくか・・・。

201909121407174f2.jpg

11月からの本格的なオフトレーニング期間のスタートを前に、
やるべき事を考えているだけで、試合期とは違う緊張感が出て来ています。


夏のトレーニング関連で言うと、夏の強化週間を乗り切ってくれた駅伝の選手達は、
今年も最大の目標であった、全道大会を制し冬の都大路へ。

2019091214531632e.jpg

ええ結果で、他の選手達の悔しさが薄れる事は無いんですが、
笑顔の写真を送ってもらうと、その瞬間だけは責任を少し果たせたと、気が楽になる感じかなぁ。

20191030110447b80.jpg

こちらは、同じように努力し、同じように緊張して、大会当日を迎え選手達の代表でもあるので、
北海道の代表として、いかに最高の準備をしてもらえるか・・・。

毎年、全国大会前は予選を走れなかった選手が、悔しさをバネに必ず伸びてくるので
走れなかった選手を気持ちの面からサポートするのも、大事な仕事の1つになって来ます。


冬のシーズンを控えたスキーの選手達は、12月から始まる大会を見据えて黙々とトレーニング。
怪我からの復帰を目指す選手達は、復帰後の流れを意識して。

相変わらず、色んな競技の選手達が来てくれているんですが、
目指すべき目標は違っても、その競技が好きで上手くなりたい気持ちはみんな同じなんで
刺激のある空間にしてあげなければ!

今日の夕方も、選手達と真剣勝負です🔥
あさかわ整骨院ホームページはこちらから