別れの季節です。

なんか以前も同じ様な題で記事を書いた記憶があるんですが、
この数週間のトレーニングルームは、今年も出会いと別れの日々・・・。

昨シーズンも沢山の3年生達と関わる事が出来たんですが、
みんた新たな目標を胸に、巣立って行きました。

選手達の評価は直接聞く事はないので、最後まで分からないものの
個人的には、どの選手にもそれぞれ色んな思い出。

怪我で苦しんだ選手・頑張りが報われなかった選手、
全ての時間が楽しい思い出として、終わる事の方が難しいので
チョット評価の気になる時期でもあります。

中には、「ここが無かったら、たぶん競技辞めてましたー」
なんて、嬉しい事を言ってくれた選手もいたんですが、
単純なんで、こんな言葉1つに乗せられて、また頑張ろうと思える感じ(笑)

201703291536440fe.jpg
※しゃべり(愚痴り?)疲れて、日誌を書いていたら・・・💤

20170329153930c12.jpg
※上手くいかない時に、何度も見た光景・・・。

先日も「遊ぶ前に、ここを集合場所にしましたー」と🏀選手達が、遊びに来てくれたんですが
目的はそれぞれでも、沢山の選手達と沢山の時間を共有出来たので
ふと、思い出してもらえる場所になっていたらと思います。

20170329160037375.jpg
※何回「うるさい・早よ帰れー」と、言った事か・・・。


ちなみに、最近は【出会い】の季節もチョット実感。

今日は、入部予定の選手が先輩と黙々とトレーニング💦をしてくれました。
初々しい緊張感に、こっちもなんかほっこりです。

そんな訳で、感傷に浸る間も無く、新たな出会いの時期へ。

20170329152128214.jpg
※指示している先輩。なんか不思議な光景。

みんな最初は、静かで可愛らしかったのに、どこで変わってしまったのか・・・。
このまま、静かに成長してくれたらええのに (笑)

とりあえず、4月からの楽しみが1つ増えました ♪
あさかわ整骨院ホームページはこちらから
スポンサーサイト

久しぶりの・・・。

前回のブログを書いたのが年末だったので、
放置し続けて3ヶ月💦

オフのトレーニングが忙しかったので・・・と冒頭から言い訳をしつつ
今日は久しぶりの投稿です m(_ _)m

ちなみに、年明け最初の投稿が4月の目前と言う事もあり、
書くネタが溜まり過ぎて「どこから書いて良いのやら」と言う感じなんですが
ここ最近の大きな出来事と言えば・・・。

10月からスタートしていたオフのトレーニング期間が
春休みのスタートに合わせて、今年も無事に終了しました♪

長い冬の旭川ですが、各自が課題を持って取り組んだ半年間。

成果に関しては、目標とすべき大会が終わらないと分からないんですが
みんな練習後にやって来て元気にトレーニング。

2017032716355529f.jpg
※2年連続、3回目の全国を意識して!


2017032716365642c.jpg

20170327170120a17.jpg
※目指すは、6年連続の京都・都大路!


20170327170643529.jpg
※ここ2年は決勝・準決勝で敗退。今年の夏こそ夢の舞台へ!

卒業後に競技を続ける選手も含めると
今年も沢山の選手達が、ホンマ熱い空間を作り出してくれました。

「今日はトレーニング大丈夫です。喋りに来たんで。」
「お金にならないんで、帰って下さい

「お喋り、30分延長していいですか?」
「そんな制度ありません


相変わらず、こんな感じの会話も多々あるんですが・・・(笑)

もちろんメインは、夏を想定したトレーニング。
ただ、毎日ええ感じで終れる訳やないんで、調子の悪い時にチョットした会話。

接する時間が長いからこそ、こんな部分でサポートするのもテーマの1つかなぁ〜。

個人の選手達・チームの選手達、みんな本気で乗り切ってくれたので、
夏の事を考えると、今からドキドキわくわくです。

あっ! 最後に嬉しいニュース。

昨日行われたアルペンスキーの全日本選手権(回転)で、
安藤 麻選手(東洋大学)が優勝しました

写真のユニバーシアード(大回転)に続く大きなタイトル。

20170327182226f8e.jpg

今年はW杯・世界選手権を経験しているだけに、彼女の成長も楽しみです。
あさかわ整骨院ホームページはこちらから

あと、2週間。

ここ数日、−10度を下回る日が続く旭川・・・。

−10度を下回ると、鼻の中が凍るという「北海道あるある」を体験できるんですが
楽しいのは1日のみで、そんな日々が続き出すとテンション⤵︎⤵︎⤵︎

雪の日も・晴れて寒い日も結局は、愚痴る事から始まるんですが
29日が仕事納めとなるため、気が付いたら今年も残り2週間となってきました。

全国大会が残っているため、全体の反省はもう少し先になるものの
色んな事があった2016年シーズン。

昨日は、全国を前に最後の調整で3年生が汗を流しに来てくれたんですが
1年生からの取り組みを知っているだけに、チョット感慨深い時間があったりと、
この時期は、相変わらず色んな風景がトレーニングルームにはあります。

20161216110744db4.jpg

毎日・毎日、やった分だけ成長を感じれる訳やないので、
立ち止まってしまった時に、どうサポートしてあげれるか・・・。

3年生の彼女に関して言うと、怪我で苦しむ期間が長かったので
何十時間こいだか分からないほど、色んな葛藤の中でこのバイクを使い続けたんですが
旭川での高校生活最後のトレーニングに選んだのは、このバイク。

彼女に限らず、昨日来れなかった選手達も日曜日に最後のバイク。

怪我で練習出来ないストレス・上手く練習が出来なかった時のイライラ。
このバイクには選手達の色んな気持ちが詰まっているので
最後に一汗をかきに来てくれるのが、チョット嬉しかったりします。

ちなみに、彼女達の今年最後の戦いの場は、1年間言い続けて来た京都の都大路

12月25日(日) 10時20分スタート

201612161042072ea.jpg

出れる選手達だけで勝負をする訳ではないので、
5人の3年生達が後輩達を引っ張って、新たな歴史を作ってくれたらええなぁ〜。


もちろん、今シーズンが終了している選手達も本気で頑張ってくれています ⬇︎⬇︎⬇︎。

2016121610524247a.jpg

修学旅行の関係で1年生のみとなった野球部のトレーニングも、最初から最後までええ雰囲気♪
2年生がいないから? (笑)

20161216105250e06.jpg

引退した女子バスケの3年生達も、大学での活躍を意識して。
賑やかすぎて、何回「うるさい・早よ帰れー」と言ったか・・・。

大きな目標を立てるなら、それに見合った取り組みが必要なんで
中学生も高校生も関係無し!

今日も真剣勝負です🔥🔥🔥
あさかわ整骨院ホームページはこちらから

第32回NAHAマラソン回想録

2016年12月4日(日) 毎年恒例のNAHAマラソンに出場して来た。 (長文です
この大会は人気があり、今年も3万人定員のところ3万2千人が応募し、抽選により2千人が落選していた。
この大会に向け、9月からの3ヶ月間、20キロのペース走4回、30キロペース走2回、40キロペース走1回を走って来た。
やはり50歳を超えると、さすがに昨年と同じ事をしていてもタイムは落ちるのみなので、今回初めて10月みぞれの降りしきる中、
40キロのペース走を入れてみた。
途中、手袋が濡れて手が悴んできて、たまらずランコース上にあるイオンのトイレの、温風で手を乾かす例のあれで手を温めた。ウインドブレーカーもずぶ濡れだったので、帰ってきたら震えが止まらなかった。
低体温症寸前だったんだろうな~。(コンビニの店員が私のずぶ濡れの恰好を見てニヤニヤしていたのを思い出す)
今年の旭川は10月下旬からの大寒波の影響で、大会までのおよそ1ヶ月間は思うように走られず、3ヶ月間で約850キロ、1000キロには達していなかった。(言い訳かな^_^;)
10月下旬からの1ヶ月間はまるっきり雪と氷、マイナス気温の中でしか走ってなかったので、那覇市の気温が自分にどう影響するのかちょっと気にかかっていた。
3日土曜日の午後7時過ぎに那覇空港到着。外に出ると、「ん、なんだか蒸し暑い」
今まで連続7回出場して来たが、夜にこんなに蒸し暑く感じるのは初めて。
翌日、夜明けの遅い沖縄、まだ薄暗い道を徒歩で大会会場に向かう。小雨が降っていた。
現地の人々はそう感じないかも知れないが、私はなんとなく蒸し暑く感じ、小雨はうれしかった
しかしその小雨も7時30分ごろには上がってしまい、気温も上昇、いよいよ蒸してきた。
アップを開始、20分くらいで尋常じゃない汗が流れてきて、身体に悪いと思い中止思わずたっぷり水分補給。
そんな状況の中スタートブロックに整列。
今年のスターターはリオパラリンピック、ウィルチェアーラグビー日本代表 仲里 進さんとリオオリンピック男子重量挙げ62キロ級日本代表 糸数 陽一さんのお二人。
いつもならこの瞬間は、気持ちも高揚して来て、司会進行の話、スターターの話などが耳に入ってくるが、この蒸し暑さで今回は、どうも気持ちが上がらず話に集中出来ない、スタートするのが何か怖い感じさえしていた
とうとうスタートとなった
今回もサブスリーを目標にしていたし、それに向けての練習もして来たつもりでいた。
しかしいざ走りだすと、どうも暑い。あっと言う間に汗が噴き出し息も上がり気味。
大会前の週は特に気温が下がり、旭川での最後のランニングは金曜日だったが、外気温ー9.7℃
スタート時の気温25度湿度88% 実に35℃の気温差。「自分だけがこんなに暑く感じているのか?」と思った。
3キロ地点過ぎの国際通りを走っていたら、沿道から、「えいたさーん」って聞こえたような。まさか、誰かほかの人の事だよなって一瞬思ったが、声の方向を見ると、なんと走友で東京から参加のTちゃん、そしてそのお友達たち!
Tちゃんはトライアスロンの選手で、毎年NAHAにも出場しているが、前日から風邪気味で、「当日の朝まで様子をみて出場を考える」と聞いていた。
マラソンを始めてから、初めて沿道から名前を呼んでもらえたので、びっくりしてその拍子にスイッチが入り、急にペースが上がった
Tちゃんたちはその後38キロ地点でも応援に駆け付けてくれた。へろへろの私にまたまたパワーを注入してくれたのは言うまでもない
 そのまま暑いなーと感じつつ8キロ地点を向かえた。ここに来てかなり苦しくなってきた。「こんなところで俺、どうなっちゃったの」と
思った。
これではあと34キロは無理かも「リタイア」がよぎった。ふと時計を見ると1キロ3:50で走っていた。これでは苦しいよな~とペースダウンで様子を見る事にした。
苦しさは落ち着いたが、どうも身体が動かない。レース前は1キロ4:12ペース、5キロ21分ペースで行こうと思っていたが、早くも10キロを超えた時点からそのペースは維持できなくなって来た。「この暑さではもう無理かな」と方向修正、サブスリーは捨てよう、完走をめざす事にした。
今回もまた島民の沿道の応援に救われた。
NAHAはこの沿道の応援が大きな特色となっている。
大会では5キロごとにエイドステーションが用意されている。
NAHAではそのほかにこの沿道の応援の方々が私設でエイドステーションを用意してくれていて、今回はこの私設エイドを大いに利用させてもらった。
5キロごとのエイドでは絶対に水分が枯渇すると感じ、私設エイドがあれば必ず水分補給と身体に水をかけた。
たぶん1キロごとにそうしていたと思う。この沿道の応援、私設エイドがなければ絶対に完走は出来なかったと言い切れる。
本当に助かった。
島民の皆さま本当にどうもありがとうございました
ゴールが待っている奥武山公園のセルラースタジアムが見えてきた。「あーもう少しだ」
高校野球部の子供たちがしきりに応援してくれていて、沿道からの手とハイタッチ
ゴールではゼッケンナンバー、名前、出身地、タイムを一人一人放送されていた。「俺も読まれるのかな、ちょっとはずかしいな
記録 3時間08分41秒 順位87位
FullSizeRender_20161208154249329.jpg

翌日の新聞を見ると102年ぶりの暑さのため、完走率53.2% 約半分がリタイアする異常な大会になったらしい

条件がどうであれ、ここ数年で自己ワースト記録を叩き出した事は否めない。しっかり受け止めて次の糧にしたい。
大会翌日はいつもの小観光。飛行機の時間の関係上遠くは行けない。
また今年も「ひめゆり 平和祈念資料館」「沖縄県平和祈念資料館」を訪れた。
何度訪れても心打たれる。まだあどけない顔の少女たちの写真を見ると目頭が熱くなる。
国のため、兵隊のために一心不乱に看護に尽くした、まっすぐな眼差し。
夢見る年ごろのごく普通の青春、家族、友人たちとの他愛もない会話、食事、恋ばな、恋愛そんな普通の小さな小さな願い、夢さえも奪われた少女たちの思いが小さな花々となって中庭に咲いていた。

IMG_0810_201612081544198c6.jpg
まだここを訪れた事が無い方は、是非一度来て、教科書には詳しく載ってない事実、日本が犯した罪を見ていただきたい。

IMG_0809.jpg


那覇空港ではいつもの泡盛セットで名残を惜しんだ
IMG_0814_201612081548451d7.jpg

私にとって一大イベントであるNAHA祭りが終了した
今回も沖縄島民のみなさんのお陰で本当に楽しく2泊3日のお祭りを過ごす事が出来た。
感謝感謝 ありがとうございました
今このブログを書いている外は雪、雪、雪 最高気温-3℃
お祭りは完全に終了した
さぁ、いつから走ろうかな

IMG_0812.jpg
沖縄県平和祈念資料館から眺めた海岸 本当に綺麗だった





あさかわ整骨院ホームページはこちらから

整理しだすと・・・

先週は雪の影響で、1日の中で数回除雪の必要だった日々。

すっかり、雪景色となっている旭川ですが
相変わらず、沢山の選手達がやって来て、大粒の汗を流してくれています。

中には、練習終わりにバスでやって来る選手もいるんですが
大半の選手達の意識はすでに夏へ。

2017年を迎える前に、来年に向けての準備!

選手達の強い気持ちを感じれるだけに、
見る側もやるべき事、考えてあげるべき事が増えて来ました。

このブログ内で何度も何度も書いているように、
トレーニングルームには、下宿生活をしている選手達も沢山来てくれているんですが
15歳から、目標に向かって旭川で生活をする選手達。

もちろん、自宅生も本気で取り組んでいるので
全ての選手の熱い気持ちに、どう答えてあげれるか・・・

冬の長い北海道だけに、自然と関わる時間も長くなっています。

ちなみに、関わる時間の長さで言うと、こんな場所にも影響。

毎回、みんなが残してくれている写真の枚数が凄い事になっていて
ipadの写真が、2チームだけで800枚・・・💦

20161205150635d0d.png

他の部活の選手も含めて、それぞれに思い入れがあるんですが
気が付いたら、こんな感じになっていました

201612051531515be.png

中には、怪我や不調でイライラしている時期の写真もあるんですが
全てがここでの風景。

そんな訳で、ちょっと動画にまとめて遊んだり。 (笑)

トレーニング後は、疲れて床で寝ているなんて風景も含めて、
色んな選手達の気持ちが、トレーニングルームの雰囲気を作り出してくれています。

20161205152727138.jpg

毎回、「写真いらんから早よ帰れー」と言う日々も
見返して行くと、ええ思い出に。

怪我などでストレスが溜まっている時は、特に戦いの日々やったので
何度も書いて飽きられてるかもしれないですか、
引退の日に、ふと思い出す場所になってもらえたら・・・。

そんな訳で、今日も真剣勝負です 🔥🔥🔥
あさかわ整骨院ホームページはこちらから