FC2ブログ

今年を振り返る時期になってきました・・・。

「もう12月や・・・」

雪が溶けて、待ちに待ったシーズンが始まったと思ったら
あっ!という間にシーズンも終わり、ここ数日は真っ白な冬の景色に。

毎日選手と時間を共有していると、すぐに12月になっていく感じなんですが
今年も1年を振り返る時期になってきました。

まだ、体育館で行う競技や駅伝が残っているので、全てを振り返るには少し早いんですが
例年と変わる事なく、今年もホンマ沢山の選手達と出会えた1年。

個人的には、反省を言い出すとそれだけをテーマに書けるくらい、反省だらけなんんですが、
出会いの分だけ、楽しい時間を選手達からもらえた1年になったかなぁ。

ただ、楽しい思いでもそうなんですが、この時期はチョット気になる事も。

来てくれるチームに寄っては、スタートの時点でベンチに入れる人数を超えてしまう事もあり
全員にええ思いをさせてあげれないのが、最初から決まっているんですが
本気で来てくれたからこそ、何処まで選手達1人・1人と向き合えたんやろか?

年を越す前に、3年生達の気持ちがチョット気になる時期でもあります。


中には、地元を離れて旭川に来てくれている選手達もいるので、

「練習やトレーニングはキツかったけど、旭川に来て良かったなぁ〜」と、

みんなに思ってもらえる環境になっていたら、嬉しいんやけど・・・。


ちなみに、後輩達は夏を見据えて黙々とトレーニングで汗を流してくれています🔥

20191206102151901.jpg
※このオフから新たに加わってくれた、短距離の選手達。

20191206092525dc8.jpg
※外は雪やのに、裸になってトランプサーキットをする野球部の選手達。

20191206092537fc3.jpg
※大きな膝の怪我から復帰を目指すアルペンスキーの中学生。

20191206092536976.jpg
※先輩達の悔しさを胸に、トレーニング日以外にも自主トレに来る選手が増えて来ました。

大半の、選手達はオフトレーニング期間なんですが
シーズンを直前に控えるスキー選手達・怪我や不調で練習を離れている選手達。

それぞれが大きな目標を持って集まって来てくれるので、
この冬も夕方からは、大きな声が響き渡ってええ雰囲気です♪

相変わらず、お喋りだけで終わるだけの選手もいたりしますが
身体を動かすのは心なんで、毎日頑張りたいと思える空間に出来たらええかなぁ。

今日の夕方も真剣勝負です!
あさかわ整骨院ホームページはこちらから
スポンサーサイト



お盆休みのお知らせ。

〜お盆休みのお知らせ〜

暑い日が続きますが、みなさん夏バテなどしていないでしょうか?

今年のあさかわ整骨院のお盆休みは、以下の日程となります。

8月12日 (日)
8月13日 (月)
8月14日 (火)
8月15日 (水)


※8月11日は祝日となりますが、午前中のみ診療を行います。

8月16日より通常の診療時間となります。よろしくお願いします。
あさかわ整骨院ホームページはこちらから

夏の気配です・・・

ここ数日の旭川は、春の気持ち良い日差しを通り越して夏を連想させる日々。

今日の予想気温も26度となっているんですが、3ヶ月前が−20度だった事を考えると
一気に日常の世界が変わってきました💦

また、この時期は全国をかけた大会が集中する時期でもあるので
一冬を越えた選手達が、どんな成長をみせてくれるか緊張感のある時期でもあります。

201805301103494a0.jpg
※昼休みに、ちょうど決勝があったので。

20180530110906c85.jpg
※陸上競技場の隣で決勝があったので、すぐに移動して。

結果に関しては、出場した選手全員が全道大会へと進んでくれたので
内容的にはまずまずなんですが、その影にはスタートラインに立てなかった選手達も。

選手達の後ろには、自転車の乗れない期間、20時30分を過ぎても迎えに来てくれる両親や
応援してくれる先生や友達など、沢山の支えてくれる人達がいてくれます。

前回も書きましたが、必ず出れない選手が出て来るので
100点満点のオフトレーニングと思える事は、おそらくこの先もあり得ないんですが
全道に出る選手達は、仲間の気持ちも背負って戦ってもらえたら・・・。

201805301812198a8.jpg
※ギリギリまで調整だった選手もなんとか全道へ。

もちろん、同じ様に緊張して戦った他の学校の選手達の代表でもあるので
旭川の代表として、最高の準備を!

代表選手達には、全道大会で最高の笑顔を見せてもらいたいなぁ。


インターハイと流れの違う高校野球は、春の全道大会の真っ只中🔥
汗を流してくれていた選手達は、1回戦を勝ち上がり明日が2回戦となります。

この大会が目標ではないんですが、夏に繋がるええ試合が出来ますように ☺️
あさかわ整骨院ホームページはこちらから

夏休みをさらっと・・・

秋の気配を感じる事が増えて来ている旭川なんですが
今日の朝も職場に向かって歩いていると、トンボの姿が・・・。

毎年、お盆が終わると涼しくなって来るんですが
本州よりも夏休みの短い学生達は、昨日から学校がスタート。

今年も色んな事のあった夏休みの期間も終わり、
短い夏の終わりが近づいて来ました

そんな訳で、夏休みの期間をさらっと振り返ると。

前回の記事の中にも書いたんですが
基本的に夏は体力を向上させる時間を確保できるので、
通常のトレーニングよりも強度を上げて実施。

各自が目標を掲げて、高い意識で汗を流してくる選手達の中には
スペシャルオリンピックスを目指す選手もいたりと
年齢・性別・競技に限らず、ホンマ色んな選手達が集まってくれました。

思い出があり過ぎて、1時間以上なんて事も多々あったんですが
この時期は帰省の学生達が日替わりで来てくれるので
化粧をして、大人っぽくなっている学生達と話すのが楽しかったり。

この期間の成果は、秋のシーズンが、終わらないと分からないものの
毎年、秋に飛躍的に成長する選手を目の当たりにしているので
今年も関わった選手の数だけ楽しみが増えたといった感じです。


ちなみに、個人的に夏の印象に残る風景は、知的障害のある選手達の陸上大会。

接点のある選手がいた関係で、初の観戦となったんですが
障害があっても、今までの自分を超えようと走る選手達の姿を見てると
気が付いたら、接点のない選手の表彰式まで。

2017082110444886b.jpg
※初めて、スペシャルオリンピックスの北海道予選を観戦

聞かないと知らない世界がまだまだ沢山あるし、
見ないと、理解出来ない世界がまだまだ沢山ある。

今回は、陸上部の中学生達がサポートに回ってくれていたんですが、
運動の目的は違っても、頑張りたい選手はホンマに沢山います。

聞くところによると、知的障害のある選手達の大会が旭川で行われる事は珍しいようで
なんか勿体ないような・・・。

今の現状で仕事の量を増やす事は難しいんですが、
新たな出会いや、知らない世界を知る事は、チョットわくわくする瞬間。

気になる事が増えると、勉強したい事が増える。
ホンマ日々勉強やなぁ。

学生達には、「運動だけやなく、ちゃんと勉強しろ」と言ってるのに (笑)

今日も、ワクワクしながら選手達と真剣勝負です🔥🔥🔥



あさかわ整骨院ホームページはこちらから

北海道マラソン2015 回想録

シルバーウイーク最終日になりました。
なんだかあっという間だね!
そこでようやく重い腰を上げて、今年の「北海道マラソン」について書いてみようと思う。
結論から言うと「失敗レース」でした
タイムは3時間02分40秒 総合440位 年齢別28位
昨年より約3分の遅れ。今年の私は、昨年の私の背中を全く見えないくらい離されている事になる。
3時間を切る事に目標を立てて練習をやって来て、どういう訳か25キロあたりから脚が重くなり
そのまま回復することなくゴールを迎えた、、、。完全に燃料枯渇で最後はへろへろ状態
昨年2大会連続で3時間を切り、サブスリー達成出来ていたのでどこかに舐めていた感は否めない。
6,7,8月の総走行距離も昨年に比べて75キロ少なく、スピード練習も確かに少なかった。
(レース前の体重は61キロと昨年と変わらず)
旭川のランニングクラブチーム作AC旭川の練習会に時々参加させていただき、30キロのペースランニングをやったりと
そのチームと一緒に練習をやって来ている事でどこかに安心感があったと感じている。
あと考えられる事は、大会当日の朝食を普段と違う内容にした事だ。
私は食べ物にあまりこだわらないタイプなので、毎朝食は納豆とご飯、牛乳。たまに味噌汁、目玉焼き。こんな感じだ。
いつも同じものを食べている。
ただ今回は、大会数週間前にランニング関係の講演会があり、大会当日の朝食はフランスパンにはちみつが良い!と聞いていた。
朝食をパン系統にすると、胃がもたれる感じがする事をすっかり忘れていて、レース当日の朝食をフランスパンとはちみつにした。
これがレース終盤に大きく響く事になる。胃がもたれている事で、途中で摂取した栄養補助食品も消化不良状態。
30キロ過ぎからお腹が痛み出す始末。慣れない事をするもんでないと痛感。
あと、大会前の2週間くらいから立ちくらみが酷く、たぶん貧血だったかも。
毎晩の晩酌と好きなものばかり食べてた付が回って来たんだと反省(昨年より1歳老いてるんだからダメだよね)
次のフルは12月6日のNAHAマラソン。
そこでサブスリーリベンジ挑戦!
今回の失敗を教訓にじっくり身体を育てて行くぞー
あさかわ整骨院ホームページはこちらから