FC2ブログ

来客

お久しぶりです!
昨日、一昨日と北海道日本ハムファイターズVS千葉ロッテマリーンズの試合が、旭川スタルヒン球場で開催されました。
天候があまり良くない状況でしたが、大変盛り上がっていました
そんな中、二人の北海道日本ハムファイターズ球団職員の方々が顔を出してくれました!

2015062417270000_20150625114012238.jpg
浅沼君

1人は浅沼寿紀君、もう一人は枳穀涼介君(きこく)。浅沼君は、高校野球時代3年間コンディショニングをさせて頂きました。
甲子園にも出場し、卒業と同時に、ドラフト7位でファイターズにサウスポーピッチャーとして入団し、その後外野手に転向し5年間活躍、現在はファイターズアカデミーに所属し、コーチとして全国の子供たちに野球の指導をしています。多くの場合、選手を引退した後は、新しい職場探しに苦労するものですが、彼のようにそのまま球団に採用されるのは稀な話です。彼の人柄を球団は評価したのだと思います。

image1_2015062511445910b.jpg
枳穀君

もう一人の枳穀君は、高校でファースト、4番として大きな体で活躍後、一度は家庭の事情で野球を続けるのを断念したのですが、どうしても諦めきれなく、1年遅れで大学に入学。アルバイトをしながら苦労して学生野球を続け、卒業後、石川県の独立リーグ石川ミリオンスターズに入団し、昨シーズンまで活躍。今年の春、見事に北海道日本ハムファイターズ球団職員、1軍用具係として採用されました。球団選手以外での、1軍球団職員に採用されるのは異例の事です。
彼らが高校時代、初めて出会った頃の事を、今の彼らの姿に重ね合わせて眺めていて、ふと思ったのは、二人に共通して言える事は、「努力」の一言に尽きます。
浅沼君は高校生の3年間、登校前の毎早朝に10キロのランニングは欠かしませんでした。簡単に甲子園出場、プロ野球選手になった訳ではないんですよファイターズはそんな彼のすべてにおいて、ひた向きな姿勢を見てくれていたんだと思います。
枳穀君は、私大で学生野球をする環境ではなかったのですが、全寮制が条件の野球部だったのですが、寮に入るお金が工面できず、特別許可を頂き、ある食堂の畳2畳ほどの一間を、お店を手伝う条件で無料で間借りして、そこで食べさせてもらいながら、苦労に苦労を重ねて野球を続けました。そんな、彼の苦労を苦労と思わず、好きな事はどんな事があってもやり抜く姿勢、立ちぶるまいを、どこかで誰かが見てくれていたんでしょうね。
忙しい中を縫って、わざわざ顔を出してくれて、本当にありがとう
益々努力し、どんどん上へあがって行って下さいね!応援しています。
                                                              あさかわ
あさかわ整骨院ホームページはこちらから
スポンサーサイト



それぞれが、次に向けて・・・。

慌ただしかった、高体連の支部予選週間も終わり
昨日からは、6月がスタート。

夏が近づいてきた事もあり、気持ちの良い日が増えてきたんですが
各競技で全道大会や高校野球の予選も始まるため、個人的にはもう少し緊張の日々が続く感じです。

ちなみに、支部予選に関しては、陸上で4種目・女子バスケで優勝があったりと
選手達からの嬉しい報告もあったんですが、
全員が全道大会に進める訳ではないので、涙を流しながら報告に来てくれる選手も・・・。

中には、手術を先延ばしにして大会に参加する選手がいるなど
この支部予選は、やはり特別な試合となるんですが
長い冬の時期を一緒に共有してきただけに、今年も個人的には反省の多い大会となりました。

「将来のある選手を、高校で潰す様な指導はダメ」

大会になると、こんな言葉をよく耳にしますが
実際は将来の夢の為に、高校で競技を終える選手も沢山いるので
きつい練習だけでなく、その後のトレーニングも含めて
いかに、納得した競技生活を送らしてあげれるか・・・。

毎年、同じ事を思うんですが
この仕事を続ける限り、ずっと同じ事を言い続けてると思います。

夏の暑い時も。
20150602105307982.jpg

冬の寒い時も。
20150519102646ab8.jpg

全ての選手達が色んな事を胸に、夏から1年間やってきたんで
旭川の代表となった選手達には、強い気持ちで全道大会を戦ってもらいたいなぁ〜。

悔しい思いをした選手達には、秋のリベンジに期待です!!!









あさかわ整骨院ホームページはこちらから