FC2ブログ

全道月間が終わりました。

暖ったり涼しかったりと、なかなか夏らしくならない旭川ですが
今日から6月の最終週がスタート。

最後に残っていたバスケ部の全道大会も終わり、
ここ数週間とは違う感覚で、新たな1週間が始まっています。

ちなみに、チーム単位で冬から関わっていたバスケ部の結果から言いますと、
3年ぶりの全国を見据えて大会に挑んだんですが、ベスト16で敗退・・・。

2点届かなかった昨年の悔しさを胸に冬の期間過ごして来たものの
権利を獲得した2校と戦う前に悔しい敗戦となりました。

雪の中、練習後に歩いて来ていた選手達の姿を知っているだけに
なんとか基礎となる土台を作ってあげたかったんですが、
今年は上手くサポートをする事が出来ず、個人的にも反省の多い大会に。

ただ、チームとの関わりは、例年冬の期間のみなんですが
個人的にトレーニングの依頼をして来てくれる選手達もいるので
秋に向けて一緒に再チャレンジといった感じです。

テニスでも悔しい思いをした選手がいたので、
まずは、反省すべき点をしっかり検証しないといけないんですが・・・。

そんな事もあって、色々と悔しさの残る全道大会となったんですが
中には嬉しいニュースも。

バスケ部同様に冬のトレーニングで汗を流してくれていた陸上部の選手達が
2年連続でトラック優勝。

今年も2冠を獲得した選手を含む2名の選手が個人で全道優勝してくれました。

20180625111612939.jpg
※天候の悪い中、良いレースで1・2・9位

また、柔道でも高校は旭川を離れたので、接点はなくなったものの
中学時代、練習前に黙々と汗を流してくれていた女子選手が悲願の全道制覇。

妹が先に結果を残していく中、比較をされる事もあったと思うんですが
地道にコツコツと努力し、高校生活最後の夏に大きな花を咲かせてくれました。

20180625110421861.jpg

中学時代の頑張りを知っているので、ちょっと感慨深いもんがあります

毎年書いてるように、良い結果で反省が消える事はないんですが
笑顔での報告は、一緒に緊張した時間が少し報われる時間。

3年生の場合、全道大会で部活を引退する選手もいるので
すでに挨拶に来てくれた選手もいるんですが、
ここでの時間も、高校時代を振り返った時に思い出の1つになってくれてたらええかなぁ。


さぁ、残すは高校野球のみ。

野球は変則的で、例年は投手陣のみが汗をかきに来てくれていたんですが
今年からは、日曜日を利用して自主的に数名の野手達も。

彼らも雪の中を練習後にやって来て、ほんま頑張ってくれました。

全国は全ての球児が憧れる夢舞台なんで、簡単に行ける場所やないけど、
みんなの気持ちも負けてないはず!

メンバーの背負う背番号には、途中からサポートに回った選手達の気持ちも入ってるんで
スタンドで鼓舞してくれる仲間の気持ちを背負って、戦って欲しいと思います。

201806251053398b7.jpg

最後は、最高の笑顔で終われますように・・・。
あさかわ整骨院ホームページはこちらから
スポンサーサイト