FC2ブログ

NAHAマラソン2015 回想録

連続7回目となった第31回NAHAマラソンに出場して来た!
結果は、3時間04分16秒 総合82位(2万7千人中) 年代別4位
タイムを除けば、過去最高の成績
昨年は2時間57分でサブスリーを達成出来たが、今年は残念ながらサブスリーは叶えられなかった
でもなぜタイムが悪いのに順位が上がったかと言うと、NAHAのコースは、前半20キロの大半が上りのコースとなっている。
その前半が、風速10メートルの向かい風という最悪のコンディションだった
今大会のサブスリー達成者はわずか59名
スタートラインで、「ここをどう走るかが、明暗を分ける結果になる」と感じていた。
幸いな事に、今回私の患者さんのHさんが出場していて、その方も同じAブロック!この方は私より経験豊富で、ずっと速い記録をもっている。

IMG_0249.jpg

大会前から、この方について行こうと決めていた。
今回のスターターは「スリムクラブ」。マイクの不手際はあったが、順調にセレモニーが終了。
カウントダウンが始まり、いざスタート
やはりみんな抑え気味だが、スタート直後5キロくらいはペースがやや速くなる傾向にあるので、キロ4分~4分05秒ペース。
その後は落ち着き、私はHさんの背中を見ながらしっかり付いて行く。「んー、いいペース配分だな~」
時折、強風が吹き付け、後ろに押し戻される感覚
この風に逆らってペースを維持かと思ったが、Hさんはそれには逆らわず、風に合わせる感じ。
これが良かった30キロを過ぎてからは、バタバタとAブロックのゼッケンを付けたランナーたちが落ちてきた。前半飛ばした組だ。歩いているランナー、脚が攣って止まっているランナー、40キロ過ぎてからも歩きだすランナーを見かけた。(あともう少しなのに) あとで確認したら、30キロ地点は124位だから12キロの間に42名を抜いた事になる。
過去にこんなに多くの潰れたランナーを見る事はなく。ペース配分の難しさを感じた。私は、当然、強風、坂で脚が重たくなってはいたが、大きくペースを落とすことなく走り切る事が出来た。Hさんのペース配分が成功したのだ。
今回も、沿道からの沖縄島民の温かい応援が、時折折れそうになる心を支えてくれた!(感謝)
私が出場した、どの大会よりも沿道の声援が温かい 数年前まで車いすで沿道から応援してくれていたご老人の方々(たぶんあの悲惨な戦争体験者たちなのだろう)は、もうその姿を見かけない。戦争反対を心の底から訴えれる方達は、あとどれくらいいるのだろうか。
私は、NAHAを最後まで全力を尽くして走る事が、この沿道の方々に対する礼儀と思っている。今回のこの記録が、現在の私の精一杯の記録である。

IMG_0250.jpg

仲間からは、「こんなコースで記録を狙わなくても、もっと楽に記録を狙える大会はいくつもある」と言われるが、私にとって一番狙いやすいのがこのNAHAマラソンだ。それはなぜかと言うと、精一杯頑張らなきゃならない理由がこの大会、沿道にあるから。
なぜ全力を尽くすのか、その理由が存在しないと頑張れない。
帰る日に、「対馬丸記念館」を見てきた。この事件をご存じの方は少ないかも知れない。
沖縄、那覇には、教科書には載っていない戦争による悲惨な歴史がまだまだ存在していた。
ご興味がある方は下のURLで閲覧して頂きたい。
http://tsushimamaru.or.jp/
毎年少しずつ沖縄を知る事によって、少しでも沖縄に近づく事が出来ているかな。
今回も当然、お腹いっぱい沖縄料理、オリオンビール、泡盛(島酒)を堪能してきた
公設市場のおばちゃん、泡盛屋のおにいちゃん、ありがとうね!

IMG_0252.jpg

IMG_0271.jpg

また来年もNAHAを走るために、1年間修行して来ます!
ありがとうございました。
スポンサーサイト
あさかわ整骨院ホームページはこちらから

Comment

「全力を尽くすのは理由がある!」この言葉素晴らしい!この言葉を自分で言えるに頑張ります‼︎

順造、ありがとう❗️
また来年、一緒に走ろう👍
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。