FC2ブログ

ちょっと違う視点から。

今日から新しい一週間がスタート。

明日からは、高校野球の旭川支部予選と中学生の中体連が始まるので
ドキドキ・わくわくの一週間となるんですが、今回の話は、ちょっと違う視点から・・・。

今年は、土曜日の夕方や日曜日の練習後に選手が汗をかきに来てくれる事もあり、
常に選手達と関わっている感じなんですか、
昨日は、トレーニングの選手達の中に競技を引退した選手の姿も。

写真の彼女(右)は、競歩の選手で目標としていたインターハイ出場を叶えられなかったんですが
他の3年生には、チーム最大の目標となる全道駅伝が控えているので、
裏方として選手達を支えると、報告に来てくれました。

キャプテンと写真を撮るまで帰ってくれない面倒くさい部分は置いといて、
ホンマに明るくて、チームを和ましてくれる選手。

冬場の頑張りを知っているだけに、インターハイを前にしての引退は複雑なんですが
この時期は、この様な話をする時期でもあります。

20160627111159aee.jpeg

今年も彼女だけでなく、裏方としてチームに関わる選手達との接点があるんですが
個人的には、そんな選手達も含めて全ての選手達が気になる存在。

怪我や体調不良で、マネージャーとしてチームを支える選手。

背番号に届かなくて、悔しさもある中で大会直前まで練習をサポートとし、
最後はスタンドから、大声で選手達を鼓舞する3年生達。


それぞれが希望を持って高校に入学してきているので
裏方に回るという事に、どの選手達も必ず抵抗があると思うんですが
そんな選手達の力が、必ずチームの大きな力に・・・。

出れる選手は限られますが、ほんまチームには色んな役割があります。

ちなみに、先日の全道大会で全国を決めたバスケ部の三年生マネージャーも
元々は、みんなとトレーニングルームで一緒に汗を流していた選手。

20160627111724da5.jpeg

この全国を決める舞台に立つ事は無かったものの
色んな葛藤の中で、マネージャーとして選手達をしっかりサポートしてくれました

勝っても日の当たる存在になる事は無いんですが、
選手達と同じ様に緊張して、一緒に戦う裏方の選手やマネージャー。

コートやグラウンドに立つ選手達には、そんな裏方の気持ちを背負って
最後の大会では最高のパフォーマンスに期待かなぁ。

全ての選手にそれぞれのドラマがあるので、
明日から始まる高校野球の支部予選では、スタンドの選手にも注目です。

20160627115757ca9.jpeg

昨年は、甲子園にあと一歩届かず決勝で悔し涙を流した旭川実業。
今年の旭川勢には、どんなドラマがまっているんやろ・・・。



スポンサーサイト
あさかわ整骨院ホームページはこちらから

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。